兎小屋の手記

PerlやPHPの話題などをひっそりと書きます。

Macbook Air(2012 11.6inch)にopenSUSEをインストール

ずいぶん前にMacをかじりたくて購入し、あまり有効活用されていなかったMacbook AiropenSUSEをインストールしてみました。

なんでopenSUSE?

日経Linuxの付録についてくるUbuntuでもよかったのですが、事前にVMにインストールしてみたら期待したほど使い勝手がよくなかったのでopenSUSEにしました。 仕事でよく使うCentOSはデスクトップの機能が弱い(気がする)のと以前別のノートPCにインストールしたときに無線LANの設定ではまった思い出があったので避けました。

MacOSのリカバリ領域と思われるパーティションもつぶして全部openSUSEにしてしまいました。インストール後、chromiumThunderBirdをインストールして必要最低限のソフトが入った状態になりました。 仕上げに自分で印刷したopenSUSEのステッカーを貼ってひとまず終了。(微妙に曲がってるし、買ったシールが半透明で白かったけどまぁ気にしない!) f:id:byrsa:20150316230033j:plain

はまりポイント

私のMacbook Air無線LANBroadcom製の無線LANだったのでドライバが標準ではインストールされず苦戦しました。 ネットを調べてみるとサードパーティのpackmanというリポジトリにドライバがあるようだったのでインストールしました。 (ネットに繋がらないし、有線のLANポートもないので安いUSB-LANのコネクタを買ってきてインストールしました。(JUE120という型番の品))

キーボードの英数とかなをつかって英数入力と日本語入力の切り替えがスムーズにできず困っていていろいろ試行錯誤していますが、こちらは解決したらまた記事にしようかと思います。